« シベリウス 交響曲第4番 イ短調 op63 | Main | 江ノ島 »

June 07, 2012

モーツァルト 交響曲第40番 ト短調 KV550

Mozart40kbカール・ベームの指揮、ベルリン・フィルハーモニーの演奏。1961年ごろの録音。クルマのCMでこの曲が流れていて考えていたのですが、もしオーケストラを指揮させてくれることになってもこの曲は無理だろうなぁと思うのです。1楽章の開始のアインザッツなんか絶対に無理だし、2楽章の細やかなニュアンスも結構きつい。3楽章は棒を振るのは結構いけそうだけどあの毅然としたメヌエットは難しそう。4楽章も相当複雑に進行するのでアワアワしている間にジ・エンドですよweep。というか、モーツァルトの曲自体どれもが思った以上に難しいのでしょう。カラヤンばかりちやほやするので今まであまり登場しなかったベームがベルリンフィルを振ったモーツァルトは、そんな素人の悩みをよそに真摯そのものの演奏でまずは理想的と言っていいでしょうnote。ベルリンフィルの整然として透明感のあるアンサンブルは身の引き締まる思いです。カラヤンびいきの私ですが、シューベルトとモーツァルトの交響曲に関してはベームとベルリンフィルのものが最高だと思っています。
                        
                          
                                

                         
                   


                     
鎌倉の長谷駅から江ノ電trainに乗りました。

P10106621m

|

« シベリウス 交響曲第4番 イ短調 op63 | Main | 江ノ島 »

「交響曲」カテゴリの記事

Comments

パスピエさん

仰るとおりベームはベルリンフィルとの演奏が最高で、後年のウィーンフィルとの演奏はかなり緩みましたね。
そしてこのCDの31番「パリ」も極め付きの名演で私も大好きです。

Posted by: よし | June 07, 2012 at 08:40 PM

同じジャケットのCD、持ってます(^^

年齢的なこともあると思いますがベームは総じてベルリン・フィルとの演奏のほうが覇気のようなものがあって好きです。

40番は勿論ですが、このCDに収められている31番のパリ交響曲が大のお気に入りなのです\(^o^)/

Posted by: パスピエ | June 07, 2012 at 07:37 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« シベリウス 交響曲第4番 イ短調 op63 | Main | 江ノ島 »