« ビゼー 序曲「祖国」 op.19 | Main | ラヴェル 「逝ける王女のためのパヴァーヌ」 »

May 31, 2012

グノー 「ファウスト」からバレエ音楽

Karajan_emiカラヤンの指揮、フィルハーモニア管弦楽団の演奏。1958年の録音。今となっては本当に懐かしいEMIのBOXです(笑)。でもまだ半分は聴いていないのでまたボチボチと。「アヴェ・マリア」以外はどうも取っ付き難いグノーの中では私向きともいえるこのバレエ組曲を例によってカラヤンが更に分かり易く振ってくれます。特に第5曲の「トロイの娘の踊り」など優美そのものnote。持っているLPではA面が「パリの喜び」でお徳用盤でしたが、実はこのCDにも収められています。それにしても改めて聴くフィルハーモニアは本当に上手。かなり古い録音ですが、デジタルリマスターも良くて爽やかな音になっていますheart02
                        
                               
                              
                                     

                              
                               
                 

オペラ座のそばのメトロ乗り場。
下の柵に貼られたポスターには黒地に白文字で STRAVINSKY と書かれています。
                       
Pict0008s

|

« ビゼー 序曲「祖国」 op.19 | Main | ラヴェル 「逝ける王女のためのパヴァーヌ」 »

「管弦楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ビゼー 序曲「祖国」 op.19 | Main | ラヴェル 「逝ける王女のためのパヴァーヌ」 »