« 神戸港クルーズ | Main | 岩崎良美 「タッチ」 »

May 05, 2012

レスピーギ 交響詩「ローマの祭り」

Respighiシャルル・デュトワの指揮、モントリオール交響楽団の演奏。1982年6月の録音。ローマ三部作の中では最も録音される機会の少ない曲。LP時代は表裏各1曲という振り分けが多いので、たいていが松と泉、私はアントニオ・ペドロッティがチェコフィルと入れた祭と泉という珍しいLPを持っておりました。もちろんカラヤンはCDになっても祭はパス(笑)。さて、デュトワとOSMのコンビはこういう曲には最適で、このにぎやかな曲でも決してお祭さわぎにせず(?)美しすぎるほどのオーケストラのサウンドで情緒タップリに仕上げてくれるのですnote。初期のデジタル録音だけどデッカの凄さを満喫できる超優秀録音impact
くどいようだけどモントリオール交響楽団って本当にすばらしいオケだと思いますheart02。むかーし女性指揮者が振っていたような気がするのですが記憶違いかな。
デュトワはカナダ政府から勲章を貰ってもいいと思う。
                    
                     
                     
                        
             
                 

                         
久しぶりに五月晴れのいいお天気ですsun
   
バラは真っ盛り。
例によって庭の外を向くのが難点だけど濃くなった新緑も大好き。
                      
P1020734s


                 

|

« 神戸港クルーズ | Main | 岩崎良美 「タッチ」 »

「管弦楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 神戸港クルーズ | Main | 岩崎良美 「タッチ」 »