« レスピーギ リュートのための古風な舞曲とアリア | Main | ブラームス ハンガリー舞曲第17番 嬰へ短調 »

May 10, 2012

プロコフィエフ 古典交響曲 ニ長調 op.25

Prokofiev_sym1カラヤン、ベルリン・フィルハーモニーの演奏。1981年2月のデジタル録音。カラヤンは60歳の時に5番の交響曲を録音しているので、晩年になってやっと1番を入れたということですが、もちろん他の交響曲の録音は無し(笑)。カラヤンは録音する曲に好き嫌いがあるというけれど、録音も演奏会もあれだけやれば時間は足りないのが当たり前でしょう。ということでこの1番の交響曲ですが、由来どおりハイドン風のおっとりした構えで何となく腰が重くプロコフィエフの若さと才気が溢れる、という印象が薄く、晩年のカラヤンらしい丁寧な演奏に終始してるのがちょっと残念。ちなみに同じCDに入っている5番はどっしりとしたドイツ風のアプローチがなかなか堂に入っていてこちらは貫禄十分ですnote
解説書には録音データ以外に、ジャケットの絵はエリエッテ・フォン・カラヤンが描いたものと記されています。うーん、夫婦でがんばりますねぇcoldsweats01
                        
                            
                             
                           


                 

バラは次々咲きますが白いなでしこが可愛い。
なでしこジャパンっていい名前です。

Img_1830s

|

« レスピーギ リュートのための古風な舞曲とアリア | Main | ブラームス ハンガリー舞曲第17番 嬰へ短調 »

「交響曲」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« レスピーギ リュートのための古風な舞曲とアリア | Main | ブラームス ハンガリー舞曲第17番 嬰へ短調 »