« ベルリオーズ 交響曲「イタリアのハロルド」 op.16 | Main | ドヴィッシー 弦楽四重奏曲ト短調 op.10 »

May 27, 2012

サン・サーンス ヴァイオリン協奏曲第1番イ短調 Op.20

Vn_mwチョン・キョンファのヴァイオリン、デュトワの指揮、モントリオール交響楽団の演奏。1980年の録音。3番に比べるといかにも習作という感じだけど、さすがにサン・サーンスの音楽には人を惹きつけるステキなセンスを感じます。何事にも全力投球といった趣のあるキョンファですが、デュトワのサポートが良いのか軽くしなやかな演奏でなかなか楽しめますnote。3番の陰に隠れたような曲ですが、しっとりとしたなかなかの佳曲だと思います。
                
                       
                        
                          
                       
                          

     
                             

どこもピッタリと詰めて駐車しているパリの街角
                              
Paris4s


|

« ベルリオーズ 交響曲「イタリアのハロルド」 op.16 | Main | ドヴィッシー 弦楽四重奏曲ト短調 op.10 »

「協奏曲」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ベルリオーズ 交響曲「イタリアのハロルド」 op.16 | Main | ドヴィッシー 弦楽四重奏曲ト短調 op.10 »