« ラモー バレエ組曲「インドの優雅な人々」 | Main | グノー 「ファウスト」からバレエ音楽 »

May 30, 2012

ビゼー 序曲「祖国」 op.19

Bizet_dutoitシャルル・デュトワの指揮、モントリオール交響楽団の演奏。1995年の録音。ビゼー晩年の作で作品番号が19というのは彼が若くして亡くなったこととオペラを中心に作曲したことによるんでしょうね。題名は1870年から1871年まで戦った普仏(プロイセンーフランス)戦争を念頭に置いたもので、結局負けてしまったフランス人の愛国心を表したものとして好評に迎えられたのは当然です。ビゼー独特の華やかさや牧歌的な歌が無いのはそういう事情によるものです。まあそういうことを考えると現在のフランスでもあまり演奏されないような気はしますねcoldsweats01。演奏についてはこのコンビのビゼーですからそれは文句のあるはずがございませんnote
                          
                                     
                         

               
                                       
                    
    
                     
パリの街角
後ろを走る観光バスはパリ・ビジョンのもの。
まあ日本のJTBでしょうか。

Pict0007s

|

« ラモー バレエ組曲「インドの優雅な人々」 | Main | グノー 「ファウスト」からバレエ音楽 »

「管弦楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ラモー バレエ組曲「インドの優雅な人々」 | Main | グノー 「ファウスト」からバレエ音楽 »