« エルガー チェロ協奏曲 ホ短調 op.85 | Main | ストラヴィンスキー 「春の祭典」 »

May 17, 2012

モーツァルト ヴァイオリンソナタ ト長調第4番 KV9

Mozart_masterレミー・ボーデのバロックヴァイオリンとピーター=ヤン・ベルダーのハープシコードで。2001年5月の録音。1764年の作曲だからモーツァルトが8歳のとき、多分ロンドンかパリの旅先での作曲。このCDにはKV6、7、8、9と収められているのですが、9番までくると実にしっかりとした構成になっていて、終楽章が物足らないことを除けばヴァイオリンソナタとして充分楽しめます。しかし分かってはいても、ものすごい天才ですねnote。バロックヴァイオリンとハープシコードのアンサンブルも典雅でいいものです。
              
                       
                  
                           
                          
                                
                             
                          

Img_1847m

                   


|

« エルガー チェロ協奏曲 ホ短調 op.85 | Main | ストラヴィンスキー 「春の祭典」 »

「室内楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« エルガー チェロ協奏曲 ホ短調 op.85 | Main | ストラヴィンスキー 「春の祭典」 »