« ブラームス ハンガリー舞曲第17番 嬰へ短調 | Main | ロッシーニ 弦楽のためのソナタ第1番 ト長調 »

May 12, 2012

ハイドン 交響曲第103番 変ホ長調「太鼓連打」

Kajan_legendカラヤン、ウィーン・フィルハーモニーの演奏。1963年の録音。私の持っているCDの中でも1960年代にカラヤンがウィーンフィルと入れたBOXセットは家宝にしてもいいくらいのすばらしさ。多くの曲はそれ以後、ベルリンフィルと再録しているけれど、ほとんどすべてといっていいほどウィーンフィルとの方が魅力的heart04。特にこのハイドンは極めつけの名演notenote。名前の付いている交響曲の中ではちょっとマイナーなこの曲がこれだけ麗しく響くのはウィーンフィルだけだと思いますが、それを際立たせているのがカラヤンで、この人とウィーンフィルの相性のよさが分かります。
           
                
                         
                  
                  
                


        

         
東京にいる次男からカーネーションが届きましたpresent
奥さんもちろんニッコニコhappy01
        
P1010588s

|

« ブラームス ハンガリー舞曲第17番 嬰へ短調 | Main | ロッシーニ 弦楽のためのソナタ第1番 ト長調 »

「交響曲」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ブラームス ハンガリー舞曲第17番 嬰へ短調 | Main | ロッシーニ 弦楽のためのソナタ第1番 ト長調 »