« ドビュッシー 「遊戯」 | Main | モーツァルト 弦楽四重奏曲第21番 ニ長調 KV.575 »

April 25, 2012

ブルックナー 交響曲第1番 ハ短調

Karajan_symカラヤン、ベルリン・フィルハーモニーの演奏。1981年1月の録音。第1稿(リンツ版)での演奏。カラヤンのブルックナーはiTunesにも入っているけれど、私は習慣になっているのでCDで聴くのが便利。ヴァントを聴いてからカラヤンは敬遠気味なんですが、いざ聴き始めると知らぬ間に誘惑されていくのが怖い(笑)。ニコリともしない硬派のヴァントと違って時々フルートの何とも言えない美しいさえずりが入ってきたりして、さすがのベルリンフィルでありますnote
1番は中期以降の作品に比べるとかなり情緒的で、特に2楽章のアダージョはうっとりしますが、3楽章の素朴なダイナミックさや4楽章の盛り上がりなど初期にしてはとてもよくできた交響曲です。
   
                   
                 
                         
                       
                      


              
                  

そろそろ庭の八重桜が満開に

Img_1815s


|

« ドビュッシー 「遊戯」 | Main | モーツァルト 弦楽四重奏曲第21番 ニ長調 KV.575 »

「交響曲」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ドビュッシー 「遊戯」 | Main | モーツァルト 弦楽四重奏曲第21番 ニ長調 KV.575 »