« プロコフィエフ バルシャイ編 「束の間の幻影」op.22 | Main | チャイコフスキー 交響曲第4番 ヘ短調 op.36 »

April 19, 2012

ストラヴィンスキー 「ピアノと管弦楽のためのカプリッチョ」

Stravinskyミシェル・ベロフのピアノ、小澤征爾指揮、パリ管弦楽団の演奏。1971年10月の録音。カプリッチョというだけあって、複雑なリズムや2楽章の独特のピアノの音色などそこいらのピアノ協奏曲とは違うよ、といったファンキーな曲を小澤さんとベロフが楽しそうに演奏しています。当時36歳の小澤さんが、ノリノリで指揮している様子が目に見えるようheart04。40年前の録音だけどEMIにしてはシャープでくせのない録音。
小澤さんはパリ管とは相性が良かったみたいで、このあと「火の鳥」やチャイコフスキーの4番などを録音していて、いずれも高い評価を受けたしパリの人たちの人気も高かったそうです。個人的にも「火の鳥」は最高の演奏だと思っていますnote
                   
                   
                     
                      
                        


八重のチューリップが遅れて咲き出しました。
普通のよりも少し小ぶりですが結構かわいいtulip

Img_1798s

                    

|

« プロコフィエフ バルシャイ編 「束の間の幻影」op.22 | Main | チャイコフスキー 交響曲第4番 ヘ短調 op.36 »

「協奏曲」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« プロコフィエフ バルシャイ編 「束の間の幻影」op.22 | Main | チャイコフスキー 交響曲第4番 ヘ短調 op.36 »