« モーツァルト 弦楽四重奏曲第21番 ニ長調 KV.575 | Main | ルーセル 「バッカスとアリアーヌ」 op.43 »

April 27, 2012

ジャン・フランセー 「ハープとオーケストラのための六楽章の詩的な遊戯」

Harp3ハインツ・レーグナーの指揮、シュターツカペレ・ドレスデンの演奏。ハープソロは、この楽団の首席でもある、ユッタ・ツォフ女史。1973年7月の録音。えらく長い題名だけど、それぞれ2~6分の小品で構成された20分強の曲。フランセーは、1997年まで生きたほぼ現代の作曲家ですが、曲調はフランス近代のしゃれた雰囲気に溢れた明るく楽しいもので、ハープに合わせた控えめながらも色彩豊かなオーケストレーションがとても魅力的note
演奏団体がドイツ系なので少々地味だけど、真面目な演奏で、このちょいと珍しい曲を味わうには不足ありません。
  
                          
                             
                              

                                  
                   
P1010474s


|

« モーツァルト 弦楽四重奏曲第21番 ニ長調 KV.575 | Main | ルーセル 「バッカスとアリアーヌ」 op.43 »

「協奏曲」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« モーツァルト 弦楽四重奏曲第21番 ニ長調 KV.575 | Main | ルーセル 「バッカスとアリアーヌ」 op.43 »