« トーテムポール | Main | ベートーヴェン 序曲「献堂式」 Op.124 »

April 05, 2012

バッハ ブランデンブルク協奏曲 第2番 ヘ長調 BWV1047

Bachbrバウムガルトナーの指揮、ルツェルン弦楽合奏団の演奏。1978年5月の録音。10分強だけどなかなか味わい深い曲。1楽章でのトランペットの超高域での活躍、ニ短調になる2楽章でのオーボエの哀愁を帯びた演奏そしてトランペットとフルートの掛け合いが楽しい3楽章と性格分けも明確です。ヨゼフ・スークのヴァイオリン、ギィ・トゥーブロンのトランペット、オーレル・ニコレのフルート、モーリス・ブルグのオーボエと独奏者に名手を揃えているのもうれしいnote
                 
                   
    
    

一昨日の猛烈な嵐typhoonが収まってやっと春めいてきましたが、まだ風が強く天気も何となく不安定。でも桜は咲き始めましたcherryblossom
  

 
P1010397s

|

« トーテムポール | Main | ベートーヴェン 序曲「献堂式」 Op.124 »

古楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« トーテムポール | Main | ベートーヴェン 序曲「献堂式」 Op.124 »