« ドビュッシー フルート、ビオラとハープのためのソナタ | Main | トーテムポール »

April 03, 2012

リスト 「リゴレット」より演奏会用パラフレーズ

Liszt_barenboimバレンボイムのピアノで。1980年4月の録音。ラックの端っこに見捨てられていたCD。ゴメン。
ヴェルディの「リゴレット」3幕の四重唱のアリアを編曲したもの。自分のCDなのに初めて聴きましたcoldsweats01。リストにしては表立った華やかさはそれほどでもないけれど、相当のテクニックで弾いているのが分かります。ショパンと違ってリストはピアノそのものの表現力を追求しようとしたのでしょうか。音楽が楽しいとは思わないけれど、達者な演奏を聴かされて納得してしまうところがすごい。

これだけ弾けるピアニストが何で指揮者にねえ・・・と思う立派な演奏です。note

        


 
そろそろ春めいてきた我が家の庭
 
P1010392s


|

« ドビュッシー フルート、ビオラとハープのためのソナタ | Main | トーテムポール »

「器楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ドビュッシー フルート、ビオラとハープのためのソナタ | Main | トーテムポール »