« ルーセル ピアノ協奏曲 ト長調 Op.36 | Main | ムソルグスキー(ラヴェル編) 「展覧会の絵」 »

February 08, 2012

ベートーヴェン 序曲 「レオノーレ第3番」 op.72a

Karajan_symカラヤン、ベルリン・フィルハーモニーの演奏。1965年9月、ベルリンのイエス・キリスト教会での録音。カラヤンのベートーヴェンを聴くのも久しぶり。カラヤンとベルリンフィルの関係がまだまだ緊張感を保っていた時代で、1970年以降のピカピカのベルリンフィルとは一味違って、古い時代のベルリン魂が何となく漂っています。とにかく最初の一撃が凄いnote。ベートーヴェンが、渾身の力をこめて書いた3度目の序曲というもの凄いエネルギーを感じさせてくれます。フィナーレの盛り上がりも最強で、いつも白けている私でも思わず「ブラボー」と叫びそう。
「お見事!」としか言いようのない演奏ですheart02
                    
                       

                        


近所の池で
たくさんいるカイツブリと離れて仲良くしているアヒルと鴨(だと思う)。
鴨を飼いならしたのがアヒルだそうで、仲が良いのは当たり前カモ(笑)。
                  

P1020697s_2

池の中の鳥を写すには古いけど400mm望遠が使えるMZパナの出番。
ただ、露出が結構乱暴なので、アヒルの白を強く感じてしまった。


P1020703s


|

« ルーセル ピアノ協奏曲 ト長調 Op.36 | Main | ムソルグスキー(ラヴェル編) 「展覧会の絵」 »

「管弦楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ルーセル ピアノ協奏曲 ト長調 Op.36 | Main | ムソルグスキー(ラヴェル編) 「展覧会の絵」 »