« コープランド バレエ組曲「アパラチアの春」 | Main | ベートーヴェン 序曲 「レオノーレ第3番」 op.72a »

February 07, 2012

ルーセル ピアノ協奏曲 ト長調 Op.36

Rousselダニエル・ラヴァルのピアノ、ジャン=ピエール・ジャキャの指揮、パリ管弦楽団の演奏。1969年6月の録音。ピアノ協奏曲は、ルーセルの作品中でもあまり知られないけれど、彼独特の幻想的な雰囲気が一杯溢れていて結構聴き応えがあります。特に2楽章の、原始の森の中に彷徨いこんだようなような神秘的なムードがとってもステキnote。これはパリ管のなんとも麗しい管楽器の音色に負うところも大きいかなheart02
17分程度の曲ですが、中身は充分濃いのでなかなか楽しめました。
この録音のとき30代だったジャキャは、フランスの若手だと思っていたのに20年以上前に50代で亡くなったそうです。ダニエル・ラヴァルについては女流のピアニストという以外ほとんど情報がありません。

                    
                              
                      


グラスに入れてテーブルの上に飾っているカトレアの花。

Img_0379s

|

« コープランド バレエ組曲「アパラチアの春」 | Main | ベートーヴェン 序曲 「レオノーレ第3番」 op.72a »

「協奏曲」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« コープランド バレエ組曲「アパラチアの春」 | Main | ベートーヴェン 序曲 「レオノーレ第3番」 op.72a »