« テンシュテットのマーラー 交響曲第5番 | Main | ストコフスキーの『英雄」 »

February 29, 2012

ベートーヴェン ピアノ協奏曲第1番 ハ長調 op.15

Beethoven_karajanカラヤン、ベルリンフィル、クリストフ・エッシェンバッハのピアノで。1966年12月の録音。LPで聴いていた懐かしいエッシェンバッハのピアノです。華々しくデビューした彼はカラヤンとベートーヴェンのコンチェルトを完成させると思っていたら、カラヤンとはこれだけで、3番は確かヘンツェとロンドン饗だったかなと記憶もあいまい。そのうち指揮者に転向してしまった(笑)。演奏は何ともゆっくりなテンポにビックリです。1番は結構長い曲ですが42分強というのはちょっとね。新人と共演するときの常でカラヤンのペースで進めたんでしょうね。まあ、こういう丁寧な演奏も嫌いじゃないけれど、この曲のピチピチ飛び跳ねるような若さが無いのはちょっとマイナス。でもエッシェンバッハのピアノは透明感があってステキですnote

       


何となく粋な京福電鉄の嵐山駅
  
Img_0410s_2


  


 
 

|

« テンシュテットのマーラー 交響曲第5番 | Main | ストコフスキーの『英雄」 »

「協奏曲」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« テンシュテットのマーラー 交響曲第5番 | Main | ストコフスキーの『英雄」 »