« マーラー 交響曲第4番 ト長調 | Main | 咲くやこの花館 »

February 18, 2012

モーツァルト 弦楽五重奏曲 ハ長調 K515

Mozartqabアルバン・ベルク四重奏団+マルクス・ヴォルフのビオラで。1986年12月の録音。
モーツァルト全集に入っているオルランド四重奏団と今井信子さんの演奏以外にもこんないい演奏を持っておりました(汗)。この団体らしくカッチリとした隙のない演奏で、オルランドの柔らかい演奏になれた身には幾分きつく感じますが、4楽章のふくらみのある展開はさすがに見事ですnote。いずれにしても弦楽五重奏というアンサンブル形式がミニ交響曲のように聴こえるのは今更ながらモーツァルトのすばらしい天才ぶりを感じさせます。
                 
               
     


今日は冷え込みましたが日差しは明るくて、梅ももう少しで咲きそうです。これも去年の同じ頃の万博公園の写真。

Img_1402s

                   
  


|

« マーラー 交響曲第4番 ト長調 | Main | 咲くやこの花館 »

「室内楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« マーラー 交響曲第4番 ト長調 | Main | 咲くやこの花館 »