« ラフマニノフ 交響的舞曲 2台のピアノ版 | Main | モーツァルト ディヴェルティメント14番 KV 270 »

January 27, 2012

マーラー 交響曲第1番

Mahler1_eiエリアフ・インバルの指揮、フランクフルト放送交響楽団の演奏。1985年の録音。マーラー、それも1番を聴くのは久しぶり。これも久しぶりのインバルの全集で1番を聴いたのも初めて。録音が出たときによく言われたように確かにあっさり風味なんですが、バーンスタインのように、1番を精魂こめて演奏されるとちょっと息苦しくなるのも事実。全集ということもあるのでしょうが、こういったアプローチのほうが曲の細部にまで光が通り、マーラーの管弦楽法の見事さが浮き彫りになっていいです。インバルには一番不向きかなと思っていたけれど、この演奏はいただきですねnote
DENONの優秀録音の謳い文句どおり混濁の無いすっきりとした録音のおかげで、美しいオーケストラの響きを堪能できるのもうれしい。
                  
                    
                     
                     

                        
                     
P1010439s

   

  
 
 

|

« ラフマニノフ 交響的舞曲 2台のピアノ版 | Main | モーツァルト ディヴェルティメント14番 KV 270 »

「交響曲」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ラフマニノフ 交響的舞曲 2台のピアノ版 | Main | モーツァルト ディヴェルティメント14番 KV 270 »