« 新年を第九で その1 | Main | 新年を第九で その2 »

January 03, 2012

バッハ 無伴奏ヴァイオリン・パルティイータ第1番 ロ短調

P1010265ssグリュミオーのヴァイオリンで。1961年の録音。安売りCDなのでジャケット写真は割愛。ヴァイオリンを弾かれる方はバッハの無伴奏は憧れに近い音楽ではないかと想像します。もし私が弾けたとしたら死んでもいいと思うでしょうね。いや、死ぬ代わりにヱビスビールをタップリ飲んで二日酔いで死ぬほど苦しむかな(笑)。暮れに長男がヱビスビールをたくさん持ってきたので飲んだらホントに上手かったのでheart02
まあ冗談はそれくらいにして、大好きなバッハの無伴奏を大好きなグリュミオーで聴くのもお正月の楽しみの1つです。いつもながら少し肩の力を抜いた美しくも誠実きわまる演奏は心に溶け込んで幸せデス。
 


 

 
2日に宝塚の中山寺に親子4人揃って初詣に行きました。しめ縄が関西と関東で違うと息子に教わりました。
中山さんはもちろん典型的な関西風です。
 

 
Img_0353s
 

ここは安産祈願で有名なので大きなおなかの女性が多いためエレベーターやエスカレーターが完備しています。

Img_0363s
 
 
おみくじをひいたら奥さんと長男は大吉、次男は吉、私は凶って(涙)
大吉を見せ合う長男と奥さん
 

Img_0362s
 

下に降りて自分の干支の塔頭で引き直したら見事「大吉」をゲットしたので安心note
あらためて新年に感謝です。
 

|

« 新年を第九で その1 | Main | 新年を第九で その2 »

「器楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 新年を第九で その1 | Main | 新年を第九で その2 »