« ブラームス 弦楽四重奏曲第1番 ハ短調 Op.51-1 | Main | マーラー 交響曲第1番 »

January 26, 2012

ラフマニノフ 交響的舞曲 2台のピアノ版

Argerich6マルタ・アルゲリッチとネルソン・フレイレのピアノで。2009年8月、ザルツブルグ音楽祭でのライブ録音。もうほんの2年前の最新録音ということで、アルゲリッチもかつての奔放なイメージではなく、かなりお淑やかになっているようです。ラフマニノフはどちらかというと苦手な私ですが、こうやって2台のピアノで聴くとオーケストラでは分からなかった細部が明確になっているので結構楽しめますnote。ネルソン・フレイレは久しく表舞台に出なかったイメージがあるのですが、ザルツブルグでのこういった共演で聴く限り、ちょい地味系だけどしっかりとした腕のピアニストですね。アルゲリッチの相手には適任だと思います。
そのアルゲリッチはこの室内楽BOXにこう書いています。「私はピアノを弾くのは大好きだけど、ピアニストであることは嫌いです。」
奔放に見える彼女の孤独な一面が出ているような気がします。
           
          
  
        

        
        

Img_0977s

    
    

  

        
        


|

« ブラームス 弦楽四重奏曲第1番 ハ短調 Op.51-1 | Main | マーラー 交響曲第1番 »

「器楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ブラームス 弦楽四重奏曲第1番 ハ短調 Op.51-1 | Main | マーラー 交響曲第1番 »