« 新年を第九で その2 | Main | チャイコフスキー 「眠りの森の美女」組曲 »

January 05, 2012

ハイドン 弦楽四重奏曲 OP.77-1 ト長調

Haydnブッフベルガー・カルテットの演奏。2005年10月の録音。この団体は以前もハイドンの初期の作品でエントリーしたんですがそれほど有名ではないにしても、とてもしっかりとしたアンサンブルです。昨年買った全集にもこの団体の演奏がたくさん収められているのでいろいろ聴けて安心。ハイドンの弦楽四重奏曲は交響曲以上に手馴れた仕上がりですが、後期のこの番号あたりになると、もう一流板前のおまかせみたいなできばえで楽しく聴くことができます。この「楽しく」というのがハイドンのいいところで、ベートーヴェンのように胃に負担をかけないので、食前でも食事中でも食後でもOKhappy01。時間も20分ちょっととお手頃なんてふざけてゴメンなさい。各楽章の性格分けも見事でこれだけの曲をたくさん書ける才能には脱帽ですnote
 


 
 
Img_0403s

|

« 新年を第九で その2 | Main | チャイコフスキー 「眠りの森の美女」組曲 »

「室内楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 新年を第九で その2 | Main | チャイコフスキー 「眠りの森の美女」組曲 »