« シューマン マンフレッド序曲 op.115 | Main | ワーグナー 楽劇「ラインの黄金」 »

January 13, 2012

J・シュトラウス二世 ワルツ「南国のバラ」 Op.388

Waltzs_reinerフリッツ・ライナーの指揮、シカゴ交響楽団の演奏。1957年の録音。レンタルしたもの。「南国のバラ」は喜歌劇「女王陛下のハンカチ」の中に出てくる華やかなワルツです。シュワルツコップが無人島に持っていく1枚に選んだので有名になったワルツ集です。確かに「あの」ライナーが振るウィンナワルツなので興味津々でしたが、そこは「あの」ライナーのこと、実に麗しいワルツの仕上がりとなっています。さすがにオケはウィーンフィルほど自在とはいかず真面目に弾いていますが、それでも楽しいのがウィンナワルツの良さ。今となればステキな本場のワルツ集に事欠きませんが、半世紀前だと思えばすばらしいものですnote。SACDのおかげか録音も充分鮮明。
 
 
 


 
 
 
 
 
 
Img_0340s

 
 

|

« シューマン マンフレッド序曲 op.115 | Main | ワーグナー 楽劇「ラインの黄金」 »

「管弦楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« シューマン マンフレッド序曲 op.115 | Main | ワーグナー 楽劇「ラインの黄金」 »