« マーラー 交響曲第1番 | Main | アルマ・マーラー著 石井 宏訳「グスタフ・マーラー 愛と苦悩の回想」 中央公論社 »

January 28, 2012

モーツァルト ディヴェルティメント14番 KV 270

Mozart_vsレムコ・デ・フリース、イルマ・コルト(オーボエ)、ヨハン・シュタインマン、ハンス・ヴィッセ(ファゴット)、マルティン・ファン・デ・メルヴェ、ヨス・ブールマン(ホルン)の管楽器による六重奏曲。4年前に買ったモーツァルト大全集をポツポツと聴き進めているのですが、やはり楽しいのはセレナーデ、ディヴェルティメントのあたりでしょうか。そして、以前は結構パスしていた管楽器のアンサンブルが好きになったのも我ながら思わぬ収穫。弦楽器と違って音色の違う管楽器の絡み合いを聴くのは楽しい限りですnote。クラリネットが入っていないのはまだ初期の作品だからでしょうか。各奏者はオーケストラのトップクラスだと思いますが、みなさん達者な腕前です。
            
               
              
                
                       
                         
                          

                     
                      
Img_0407s

                
   
  
 

|

« マーラー 交響曲第1番 | Main | アルマ・マーラー著 石井 宏訳「グスタフ・マーラー 愛と苦悩の回想」 中央公論社 »

「室内楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« マーラー 交響曲第1番 | Main | アルマ・マーラー著 石井 宏訳「グスタフ・マーラー 愛と苦悩の回想」 中央公論社 »