« R・シュトラウス 「ドン・キホーテ」 | Main | フランク ヴァイオリンソナタ イ長調 »

December 01, 2011

カラヤンの「第九」練習風景そして本番

Img_0312ssカラヤンとベルリンフィルが1962年に録音した「第九」の練習風景と全9曲の輸入盤LPのBOXを友人が送ってくれました。送料を考えると本当に申し訳ないけれど昔買えなかったLPなので心底うれしいheart02。この場を借りてお礼申し上げますhappy01
さて、カラヤンの練習風景はなかなか楽しいもので、ユーモアを交えながらも納得いくまで礼儀正しく進めていく様子は本番の素晴らしい出来上がりを期待できるものです。CDなどで全曲を一気に聴いている時は気づかない細かいパッセージの和音の入り方やクレッシェンドについてもパートごとに細かく仕上げていくさまはカラヤンが超一流の指揮者であったことを証明しています。いずれにしても指揮者って本当に重労働ですね。
30年以上前のレコードですが、まず水で絞った柔らかい布で大きなゴミを取ってから起毛のクリーナーで丁寧に拭いたらLPらしい柔らかい音を奏でてくれましたnote
演奏自体はLPで聴いたせいかベルリンフィルの瑞々しいサウンドの中、爽やかと言ってもよい祝典的な雰囲気に満ちた演奏に大満足でありました。やはり私にはこれがデフォルトなんですね。そういえばカセットも買って通勤時に聴いておりました。

写真は練習風景のジャケットで、中央は地震計といわれたカラヤンのサインです(笑)。昔1度だけ聴いたカラヤンのコンサートのあと階段で会ったエリエット夫人(美しかった)は混雑する中でファンが差し出すレコードに同じ筆跡でサインしておりましたheart04

さて、12月は日ごろあまり聴かないベートーヴェン(特に第九)月間にするつもりです。

|

« R・シュトラウス 「ドン・キホーテ」 | Main | フランク ヴァイオリンソナタ イ長調 »

「交響曲」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« R・シュトラウス 「ドン・キホーテ」 | Main | フランク ヴァイオリンソナタ イ長調 »