« ブラームス 大学祝典序曲 ハ短調 Op.80 | Main | ベートーヴェン 弦楽四重奏曲第14番 Op.131 »

December 27, 2011

ハイドンでビックリ

Jansons題名はいうまでもなくハイドンの交響曲94番のことです。マリス・ヤンソンスの指揮、ベルリン・フィルハーモニーの演奏。2001年5月、イスタンブールで録画したDVD。夕食後面白いテレビも無いので珍しく奥さんとリビングでこのDVDを見ておりました。イスタンブールの教会でのライブ録画なので照明が暗いけれど雰囲気は十分で各楽器のアップもカラヤンのDVDのような不自然さはなく演奏を楽しめるものです。リビングでDVDを見るときは小さいけれど光接続のオーディオがあるので音もまずまずです。
最初ヤンソンスが指揮棒を持たないことや安永さんの姿を見つけたりとDVDならではの楽しさで見ておりましたが、静かに見入っていた奥さんが2楽章に入ってからすぐの「ドカン!」で「ひゃあ!」と絵に描いたようにビックリしたのには私のほうが驚いた(笑)。
笑いをこらえて94番のいわれを説明しながら引き続き見ていたんですが、奥さんはハイドンショックにもめげず「(オーケストラの)音がきれいねheart04」と結構ご満悦。彼女、クラシックには疎いが音感はまずまずなもので・・・・。確かにハイドンで顕著になる弦の響きが一流オケであることを証明しています。ヤンソンスの指揮も躍動感溢れるものでなかなかいい演奏でしたnote
このDVDにはこのあとモーツァルトのフルート協奏曲2番(独奏はパユ)、ベルリオーズの「幻想」と文句のないプログラムでこれで800円以下とはうれしい。何とも不可思議なジャケットだけど何せ激安だから(笑)。


|

« ブラームス 大学祝典序曲 ハ短調 Op.80 | Main | ベートーヴェン 弦楽四重奏曲第14番 Op.131 »

「交響曲」カテゴリの記事

Comments

narkejpさん
何せ天下のベルリンフィルの一撃ですから・・・・sign03
ハイドンって真面目そうで洒落たおふざけをするのがいいですね。


Posted by: よし | December 27, 2011 at 05:13 PM

うふふ。素直でカワイイ奥様に拍手ですね~!「驚愕」の例の「ダン!」は、うまいですね~。ハイドンのユーモアですね。第93番のおなら風の音も、思わず笑ってしまいます(^o^)/
http://blog.goo.ne.jp/narkejp/e/995ecd0e0cf279dcce9bcb6f9976f760

Posted by: narkejp | December 27, 2011 at 07:25 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ブラームス 大学祝典序曲 ハ短調 Op.80 | Main | ベートーヴェン 弦楽四重奏曲第14番 Op.131 »