« バッハ 無伴奏チェロ組曲第1番 BWV1007 | Main | 来年もよろしくお願いします »

December 30, 2011

2011年 マイ ベスト セレクション

今年も明日で終わり。
一応の締めくくりとして、今年聴いた曲で強く印象に残ったものを挙げてみます。
例によって記憶があいまいだったり、ジャンルが偏っていますが、今年は特にラックの肥やし状態だったCDを拾い集めて再評価してみました。でもやはりというか、今年前半に聴いた演奏が少ないなぁ。
◎は最高級、〇は他に優れた演奏があるけれど個人的に気に入ったものです。


1.交響曲
今年の後半は今まで何となく避けていたベートーヴェンを集中的に聴いてみました。

◎ ヴァントの全集
現在の私のデフォルト。素直でいい意味でのスタンダード。
北ドイツ放送交響楽団も渋い響きでベートーヴェンにピッタリ。

◎ コンヴィチニーの全集
結構以前に出たものだけど、まさしくドイツの伝統的演奏の集約。

〇 ヨッフムの全集
ヨッフムのすばらしさを再認識させられました。ロンドン饗も立派。

◎ バーンスタイン、ウィーンフィルの交響曲第3番「英雄」
彫の深いバーンスタイン最良の演奏。

◎ モントゥー、ウィーンフィルのハイドン、交響曲第94番
モントゥーの指揮がとっても粋。往時のウィーンフィルも魅力全開。

〇 レヴァイン、フィラデルフィアのマーラー、交響曲第10番
明るくて不思議なマーラーの10番、でも面白い。

2.協奏曲
やはりというか、バルトークとショスタコーヴィチの名演に惹かれます。

◎ コワセヴィッチのバルトーク、ピアノ協奏曲第2番
コリン・ディビスの指揮と大好きなBBC饗もGood。

〇 ヘッツェルのバルトーク、ヴァイオリン協奏曲第2番
アダム・フィッシャーの指揮も練達だけど、あまりなじみのなかったハンガリー国立饗の溶け合うような柔らかい音色がすばらしい。
いいオケです。

〇 ヒラリー・ハーンのショスタコーヴィチ、ヴァイオリン協奏曲
オイストラフとはまた違ったフレッシュな新時代の快演。

3.独奏曲
ここはもうアルゲリッチとキーシンが常連化しています。

◎ アルゲリッチとプレトニョフのプロコフィエフ、「シンデレラ」組曲
2台のピアノの多彩な表現力に感心。
何ともアブナイ絵柄のジャケットも最高(笑)。

◎ キーシンのシューマン、「クライレリスアーナ」「謝肉祭」等々、もうシューマンの演奏全部に◎差し上げ的状態(笑)。
いつもながら文句なし!

◎ グリュミオーとシェベックのフランク、ヴァイオリンソナタ
今まで聴かなくてごめんなさい的名曲・名演奏。


室内楽はベートーヴェンで、と思ったけれどまだまだ修行不足なので来年の課題にします。
ちなみにグリュミオーとハスキルのソナタは、もう世界遺産級なので私ごときの出る幕はありません(笑)。
  

 
 
★ 上記以外の特別賞として、LPのカラヤン、ベルリンフィルのベートーヴェン全集と第九の練習風景
優秀なドイツ輸入盤の懐かしくも麗しい音とカラヤンの結構楽しい練習風景。重いのにわざわざ送ってくれた友人の好意に深く感謝する意味もこめて。


 
私はこれだっ!というお薦めがありましたら教えてくださいね。


 
 
Img_0346s

|

« バッハ 無伴奏チェロ組曲第1番 BWV1007 | Main | 来年もよろしくお願いします »

「音楽」カテゴリの記事

Comments

stonzeさん

ヴァント、いいでしょう♪
と言いながら9番はまだ聴いていないので近いうちにエントリーします(汗)。
今更ですがベートーヴェンは凄い作曲家ですね。
来年はいろいろ聴くことにします。
よろしくお願いしますhappy01

Posted by: よし | December 31, 2011 at 02:17 PM

どうも、ご無沙汰してすみません(^^;
偶然ヴァントの第九を聴きながらエントリーを拝見しました。やっぱりマイベスト第九はヴァントですね。質実剛健、緊張感がみなぎっていて、全体の音もバランスよく聴こえて大好きなんです。
私も来年はベートーヴェンの室内楽を聴いてみたいと思っています!

Posted by: stonez | December 31, 2011 at 01:38 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« バッハ 無伴奏チェロ組曲第1番 BWV1007 | Main | 来年もよろしくお願いします »