« シベリウス 交響曲第2番 Op.43 | Main | サン・サーンス ヴァイオリン協奏曲第3番ロ短調 Op.61 »

November 17, 2011

ハイドン オラトリオ「四季」

Haydnヴォルフガング・ゲンネンマイネンの指揮、ルートヴィヒィスブルク音楽祭管弦楽団、南ドイツマドリガル合唱団、ヘレン・ドナートのソプラノ、他の演奏。録音時期は不明ですがアナログ音源なので1980年以前でしょう。ハイドンのオラトリオでは宗教くさくないのと農民を扱った素朴な題材なので気楽に聴くことができますが全曲2時間以上掛かるので、1日で春・夏を聴いて次の日に秋・冬を聴きました。巷では私の持っていないカラヤンの豪華な演奏がけっこう評判ですが、ここでの演奏は独唱者も上手だしローカルで素朴さに満ちていてこれはこれで肌触りのよいものですnote。でもカラヤンのも聴いてみたいのが本音。
  
 
 

万博公園のバラ園は晴天だと見応えがあります。
LX3の24mmで。
  

P1010185s


 

|

« シベリウス 交響曲第2番 Op.43 | Main | サン・サーンス ヴァイオリン協奏曲第3番ロ短調 Op.61 »

「声楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« シベリウス 交響曲第2番 Op.43 | Main | サン・サーンス ヴァイオリン協奏曲第3番ロ短調 Op.61 »