« ソル 「魔笛の主題による変奏曲」 | Main | R・シュトラウス 「ドン・キホーテ」 »

November 29, 2011

ショスタコーヴィチ 弦楽四重奏曲第5番

Dsq5ボロディン四重奏団の演奏で。1983年の録音。ショスタコーヴィチの弦楽四重奏曲は交響曲とは違って楽器自身の繊細でシャープな音の追求を狙っているようで切れ味抜群の日本刀のような趣があります。そういう意味ではこの5番の1楽章など演奏者は大変な緊張を強いられるでしょうし、聴く側も呼吸さえ止めようかと思うほど。この作曲家の多くの交響曲に聴かれる多彩な楽器のマッシブな音の洪水に慣れている身にはそれがとても新鮮な醍醐味でもありますnote。持っているのはこのボロディン四重奏団だけですがまあこれがあれば不満はありません。久しぶりのショスタコの四重奏曲を堪能しましたheart01
  
 

 
 
 
そろそろ12月、これも定番のシクラメン
  
 
Img_1530s


|

« ソル 「魔笛の主題による変奏曲」 | Main | R・シュトラウス 「ドン・キホーテ」 »

「室内楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ソル 「魔笛の主題による変奏曲」 | Main | R・シュトラウス 「ドン・キホーテ」 »