« ドヴォルザーク 弦楽四重奏曲第10番変ホ長調 Op.51 | Main | ハイドン 「スターバト・マーテル」 »

November 07, 2011

レスピーギ 「ローマの松」

Karajan_emiカラヤン、フィルハーモニア管弦楽団の演奏。1958年1月の録音。初期のステレオだけどリマスターのおかげで十分ステキな音です。この曲はムーティとフィラデルフィアがあれば十分なんですが、カラヤンのはもう少しばかり演出が巧みで「ジャニコロの松」で情緒タップリに遊ばせてから「アッピア街道」で堂々たるクライマックスに持ってくる辺りの仕掛けが分かっていてもコロリとひっかるのが悔しいhappy01。いつも思うのですがレスピーギってすばらしい才能ですねnote
 


 
奥さんが先月行った諏訪湖。
 
 

Suwako


|

« ドヴォルザーク 弦楽四重奏曲第10番変ホ長調 Op.51 | Main | ハイドン 「スターバト・マーテル」 »

「管弦楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ドヴォルザーク 弦楽四重奏曲第10番変ホ長調 Op.51 | Main | ハイドン 「スターバト・マーテル」 »