« チャイコフスキー 交響曲第1番「冬の日の幻想」 | Main | 紅葉よりバラ »

November 24, 2011

シューベルト 『ロザムンデ」から

Schubert_rosamundeルドルフ・ケンペの指揮、ウィーン・フィルハーモニーの演奏。1962年の録音。20年前のCDですが当時としては格安の1000円だったので喜んで買ったもの。ロザムンデからは「序曲」「間奏曲第3番」「舞踏音楽第2番」の3曲ですが、他にメンデルスゾーンやウェーバーの序曲も入って70分の収録というのもうれしいけれど、何といってもこの頃のウィーンフィルのオーボエを初めとしたチャーミングな音色にうっとりとしますheart01。特に「間奏曲第3番」は何度繰り返して聴いても飽きません。1960年台のウィーンフィルの録音は今となっては音楽的財産ですね。演奏はそのウィーンフィルの思うままのようでさすがのケンペも指揮台でニコニコしていたんではないでしょうかhappy01
 

万博公園の山茶花

P1010192s
 

 
 

|

« チャイコフスキー 交響曲第1番「冬の日の幻想」 | Main | 紅葉よりバラ »

「管弦楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89678/53322299

Listed below are links to weblogs that reference シューベルト 『ロザムンデ」から:

« チャイコフスキー 交響曲第1番「冬の日の幻想」 | Main | 紅葉よりバラ »