« アストルガ 「スターバト・マーテル」 | Main | ハイドン オラトリオ「四季」 »

November 16, 2011

シベリウス 交響曲第2番 Op.43

Karajan_emiカラヤン、ベルリンフィルの演奏。1980年11月の録音。シベリウスでもっとも聴かなかったのがこの2番です。理由は、バーンスタインがウィーンフィルと入れたのを聴いてあまりの遅さとしつこさに大嫌いになってしまったからthink。このカラヤンが47分でバーンスタインのは51分強も掛かります。せっかく3500円も出して買ったけれど1度聴いてそれっきりです。まあ残念話はそれくらいにしてカラヤンのこの演奏ですが、最初お化粧が少し濃いなぁと思うけれどツボを心得ているというか本当に聴かせ上手なので2楽章になるとかなり心を奪われ4楽章でのジワリとした盛り上げ方でそのうち完全に誘惑されてしまうのです。私は2番という曲自体それほど好きでもないのですが久しぶりにカラヤンで聴いて素直にいいなと思えましたheart04。1950年代からフィルハーモニアと録音していたのでシベリウスは彼の体質に合うんでしょうね。
 


 
 フィンランドではなく・・・蓼科周辺で
 

  
0141s

|

« アストルガ 「スターバト・マーテル」 | Main | ハイドン オラトリオ「四季」 »

「交響曲」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« アストルガ 「スターバト・マーテル」 | Main | ハイドン オラトリオ「四季」 »