« ハイドン 「スターバト・マーテル」 | Main | バッハ 組曲第1番 BWV1066 »

November 09, 2011

シベリウス 交響曲第1番 ホ短調 Op.39

Karajan_emiカラヤン、ベルリンフィルの演奏。1981年1月の録音。初期のデジタル録音にありがちなやせた音ではなく、シベリウスに必要な渋い雰囲気のあるなかなかの優秀録音です。LPも持っていますがCDの方がはるかにいい。このEMIセットでの楽しみの1つがこれらのシベリウスでして、しかも1番はほかには録音していない貴重品。とにかく3番を敬遠したカラヤンがこの煮えたぎるような1番をよく録音したと思います。昔、若き日のマゼールがウィーンフィルを思いのままに振り回した演奏が焼きついていますが、この時期のカラヤンとしては珍しいくらいに暴れているのがすごいnote。でも下品になる一歩手前で踏みとどまるのがこの人の偉いところ。マゼールはちょっと踏みとどまれなかったかなcoldsweats01。こうしてカラヤンの棒で聴いてみるとまだ円熟していない若きシベリウスがすばらしい才能を持っていたことが良く分かります。それにしてもシベリウスで見せるベルリンフィルの弦のすばらしさはお見事の一言heart04
今週のお薦めですhappy01

|

« ハイドン 「スターバト・マーテル」 | Main | バッハ 組曲第1番 BWV1066 »

「交響曲」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ハイドン 「スターバト・マーテル」 | Main | バッハ 組曲第1番 BWV1066 »