« アヒル再び その2 | Main | カラヤン ベートーヴェン 交響曲7番 »

October 25, 2011

ウラッハ、ウィーンフィルの モーツァルト クラリネット協奏曲

Karajan_emiレオポルド・ウラッハの独奏、カラヤン、ウィーン・フィルハーモニーの演奏。1949年6月の録音。もう歴史的といってもいい演奏なんですが、ウラッハを聴くのは初めて。EMIボックスは半分近くがモノラルなんですが丹念に見ていくと掘り出し物があるんですね。ウィーンフィルの仲間と楽しそうに演奏するウラッハにカラヤンは敬意を払ってあまり出しゃばらないのがさすがnote。後にベームと録音したプリンツの演奏と良く似ているのはお師匠さんだから当たり前かhappy01
  
  

 
中之島公園のバラは種類が多くて楽しめました。
 

  
P1010138s

|

« アヒル再び その2 | Main | カラヤン ベートーヴェン 交響曲7番 »

「協奏曲」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« アヒル再び その2 | Main | カラヤン ベートーヴェン 交響曲7番 »