« アバドのベートーヴェン 交響曲第7番 | Main | ハイドンのスコットランド歌曲 »

October 19, 2011

ケルビーニ 「アナクレオン」序曲

Karajan_emiカラヤン、ベルリンフィルの演奏。1980年の録音。はじめ聴く曲ですが、序曲好きのカラヤンも録音するのは初めてかもしれない。堂々とした開始で始まったあとは木管と弦楽の優しい調べが流れてまるでシューベルトみたいだけど結構男らしい曲であります。例によってカラヤンがこれでもかというほど磨きをかけるし、ベルリンフィルのなんとも逞しい響きのおかげでで10分ほどの序曲が立派な交響曲みたいになっていますcoldsweats01。ベートーヴェンもこの生真面目な作曲家を支持したそうですがこういう演奏を聴くとなるほどと思わせられますnote
  
 

|

« アバドのベートーヴェン 交響曲第7番 | Main | ハイドンのスコットランド歌曲 »

「管弦楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« アバドのベートーヴェン 交響曲第7番 | Main | ハイドンのスコットランド歌曲 »