« ブラームス 「ハイドンの主題による変奏曲」 | Main | アヒル再び »

October 22, 2011

ヴィヴァルディ 「四季」

Karajan_emiアンネ=ゾフィー・ムターのヴァイオリン、カラヤン、ウィーン・フィルハーモニーによる演奏。1984年6月とEMIセットのなかでもかなり新しい録音。このEMIシリーズの最後にゆっくりと聴こうと楽しみしていたんですがムターとウィーンフィルの誘惑には勝てなかった(笑)。演奏は予想していたより速いテンポですが、歌わせるところはタップリ歌うというほぼ理想の姿で、元気の無い晩年のカラヤンを見直してしまった。ムターの演奏はもうもったいないほど見事なもので、ウィーンフィルの「四季」としてはこれ以上のものは出ないでしょうheart04。このセットの中でも白眉の1枚ですnote
   
 

|

« ブラームス 「ハイドンの主題による変奏曲」 | Main | アヒル再び »

「協奏曲」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ブラームス 「ハイドンの主題による変奏曲」 | Main | アヒル再び »