« 朝ドラ 「カーネーション」が面白い | Main | カラヤン、パリ管のラヴェル 「道化師の朝の歌」 »

October 08, 2011

バッハ 復活祭オラトリオ「来たれ、急ぎて走れ」BWV249

Bach_bwv249ロルフ・シュバイツァーの指揮、プフォルツハイム南西ドイツ室内管弦楽団、4声の独唱・合唱による演奏。1999年7月の録音。この曲は世俗カンタータを流用してオラトリオにしたそうですが、バッハ大全集の中でもとても親しみやすいのはそのせいかも。また各独唱の担当は、ソプラノがヤコブの母マリヤ、アルトがマグダラのマリヤ、テノールがペテロ、バスがヨハネとなっています。親しみやすいと書きましたが、冒頭のシンフォニアをはじめとしてキリストの復活を祝う喜びがあふれています。オーケストラの各ソロも上手だしソリスト達も素直な歌唱で全体に敬謙で喜ばしい雰囲気に満ちています。演奏時間も45分とバッハの宗教音楽としては短いけれどとてもチャーミングな曲ですねnote
  
 

|

« 朝ドラ 「カーネーション」が面白い | Main | カラヤン、パリ管のラヴェル 「道化師の朝の歌」 »

宗教曲」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 朝ドラ 「カーネーション」が面白い | Main | カラヤン、パリ管のラヴェル 「道化師の朝の歌」 »