« マーラー 「さすらう若者の歌」 | Main | メンデルスゾーン 交響曲第3番 イ短調 「スコットランド」 »

September 15, 2011

ショパン ピアノ協奏曲第1番 ホ短調 Op.11

Argerich_concertosアルゲリッチのピアノ、デュトアの指揮、モントリオール交響楽団の演奏。1998年11月の録音。アルゲリッチが1968年にアバドと録音していたCDもあるのですが今回は録音が新しいのとデュトアの指揮が聴きたくてこちらをセレクト。アルゲリッチのピアノは2楽章など深い感情がこめられたもので協奏曲としては稚拙感のあるこの曲をすばらしいものに感じさせています。そしてオーケストラのサポートがこれまた最上級note。とても1度は喧嘩別れした間柄とは思えませんheart02。モントリオールのオケの柔らかい響きも絶品。若々しさならアバド盤、しっとり感ならこのデュトア盤でしょうか。
  

|

« マーラー 「さすらう若者の歌」 | Main | メンデルスゾーン 交響曲第3番 イ短調 「スコットランド」 »

「協奏曲」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« マーラー 「さすらう若者の歌」 | Main | メンデルスゾーン 交響曲第3番 イ短調 「スコットランド」 »