« ヴィヴァルディ 2つのトランペットのための協奏曲 RV537 | Main | ヘボン式 »

August 01, 2011

ストラヴィンスキー 「火の鳥」

Stravinskyエルネスト・アンセルメの指揮、スイス・ロマンド管弦楽団の演奏。なんと1955年の録音sign01。こんなに古い録音なのにステレオで音質も極めて良好。改めて英デッカの技術力に脱帽。さて、暑い日が続くとどうしても好きな曲ばかり聴いてしまいますが「火の鳥」の緻密なオーケストレーションを繊細な音色を持ったスイスロマンドのようなオケで聴くのは格好の暑気払いになりますnote。カスチェイが登場するあたりの緊迫感と巧みな楽器の使い方はいつ聴いても楽しいheart04。アンセルメの誇張のない正確な指揮はバレエ音楽だという主張がはっきり見て取れるものです。
  

 

|

« ヴィヴァルディ 2つのトランペットのための協奏曲 RV537 | Main | ヘボン式 »

「管弦楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ヴィヴァルディ 2つのトランペットのための協奏曲 RV537 | Main | ヘボン式 »