« ヘボン式 | Main | モーツァルト 弦楽四重奏曲 No.16 K428 »

August 03, 2011

チャイコフスキー 「白鳥の湖」

Swan_lakeサヴァリッシュの指揮、フィラデルフィア管弦楽団の演奏。1993年頃の録音。サバリッシュの白鳥の湖というので興味津々で聴いたけれど、やはりというか少しリズムの重い演奏。悲しいオーボエの旋律で始まる最初はよかったんですがそのうち湖に白鳥の騎士が現れるのじゃないかと思ったほどなんとも雄大で重々しくなってきます(笑)。でも聴き進んでいくうちにオーケストラの素性のよさが出るのか華やかな雰囲気があふれ出し、いつしかチャイコフスキーの世界にどっぷりと浸っておりました。私も結構長い間音楽を聴いていますが「白鳥の湖」は飛びぬけた名曲だと断言してもいいですnote。これだけ美しいメロディーが自在にあふれ出てしかもダイナミックな構成を作り上げたチャイコフスキーの才能に脱帽です。第3幕の舞踏会での様々な踊りが楽しい限りですがコルネットのソロがすばらしい「ナポリの踊り」が大好きheart02。このCDも300円台で買える超お買い得品ですが70分を超えるハイライト版なのでこれ1枚でも十分堪能できます。リズムが重いのだけ我慢かなcoldsweats01

|

« ヘボン式 | Main | モーツァルト 弦楽四重奏曲 No.16 K428 »

「管弦楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ヘボン式 | Main | モーツァルト 弦楽四重奏曲 No.16 K428 »