« ストラヴィンスキー 「火の鳥」 | Main | チャイコフスキー 「白鳥の湖」 »

August 02, 2011

ヘボン式

新宿のローマ字表記は「SHINJUKU」なのに新橋は「SHIMBASHI」とNがMになっている疑問に対する解説の受け売りです。日本に定着したヘボン式ローマ字ではNの次の文字がB、M、PであればNの代わりにMを使うということなんですね。この3文字は発音の前に口を閉じるのですが、Nは口を閉じない無声音なので発音上Mにした方がスムーズだということで決まったそうです。そういえば東京の知り合いに大阪の天満はなぜ「TEMMA」なんだと問われて答えられなかったことがありました。
ちなみにヘボン式ローマ字をまとめた宣教師のヘボン氏のお名前は「HEPBURN」、あの永遠の王女ヘップバーンと同じですheart02

|

« ストラヴィンスキー 「火の鳥」 | Main | チャイコフスキー 「白鳥の湖」 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ストラヴィンスキー 「火の鳥」 | Main | チャイコフスキー 「白鳥の湖」 »