« やれやれ | Main | ベートーヴェン 交響曲第8番 Op.93 »

August 18, 2011

マーラー 交響曲第5番 嬰ハ短調

ジンマンの指揮、チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団の演奏。2007年4月の録音。図書館で借りたCDですが相変わらずの最新録音のすばらしさに耳が引き寄せられます。もちろん録音だけでなくこのオーケストラの柔らかな音色もとても大きな魅力になっているのですが、このマーラーシリーズからトーンハレのホールの響きのよさがよく分かるようになったのもその一因でしょうnote。演奏そのものは6番と同様あまり感情移入しないアプローチなのでバーンスタインやテンシュテットが苦手な人にも受け入れられると思います。私はバーンスタインとウィーンフィルのCDで十分満足しているんですがジンマンのきちんと噛んで含めるような演奏も結構好きです。というかマーラーも近代の古典交響曲として聴かれる時期になったんだなというのが実感です。ちなみにSACD、4チャンネルというハイSpecなCDですが私は普通のCDプレーヤーなので入っている音の1/4くらいしか聞いていないかもしれないcoldsweats01
  

|

« やれやれ | Main | ベートーヴェン 交響曲第8番 Op.93 »

「交響曲」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« やれやれ | Main | ベートーヴェン 交響曲第8番 Op.93 »