« マーラー 交響曲第5番 嬰ハ短調 | Main | ベートーヴェン 交響曲第5番ハ短調 Op.67 »

August 19, 2011

ベートーヴェン 交響曲第8番 Op.93

Karajan_emiカラヤンの指揮、ウィーン・フィルハーモニーの演奏。EMIのカラヤンBOXから。1946年9月の録音だからもちろんモノラルですがデジタルリマスターのおかげでとても聴きやすい仕上がりになっています。演奏は戦争が終わってまだ1年とは思えないほど完成度の高いもので、38歳の若きカラヤンの颯爽とした指揮振りを彷彿とさせるものです。EMIのやり手プロデューサーだったウォルター・レッグは戦後食べるのにも事欠いていたウィーンフィルとカラヤンを雇って『ただ同然といって悪ければきわめて安い費用で』ありとあらゆる曲を録音し、カラヤンの(ナチス党員疑惑のため)演奏許可が出るまで我慢強く保管し、許可と同時に売り出して大きな利益を得たのだそうです。まあそういった逸話はともかく、私はカラヤンとウィーンフィルの8番を初めて聴いたのですが、基本的に後年のベルリンフィルと同じアプローチでこの人のベートーヴェンの解釈が代わっていないことを認識しました。相変わらずステキな演奏です。


|

« マーラー 交響曲第5番 嬰ハ短調 | Main | ベートーヴェン 交響曲第5番ハ短調 Op.67 »

「交響曲」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« マーラー 交響曲第5番 嬰ハ短調 | Main | ベートーヴェン 交響曲第5番ハ短調 Op.67 »