« 神戸元町 南京町 | Main | 神戸元町 旧居留地跡 »

June 10, 2011

神戸市立博物館 「古代ギリシャ展」

Kobe_museum元町に行ったのは市立博物館で開催されている「大英博物館 古代ギリシャ展」を見に行くのが目的でした。3月12日に始まってこの12日で終了するので最後のチャンスです。絵画と違ってこういう博物展にはそれほど特別な興味は無いのですが、せっかく神戸で開かれているんだからこういう機会に見ておかないとたぶん一生見られないでしょう。ということで南京町から神戸大丸を南に下って歩いていくと旧外国人居留地跡の風格のある建物が並んでいて南京町界隈とは別世界に来たようですがこの辺りはまた後日報告します。
  

博物館前は予想以上に大勢の人が押しかけていてちょっとビックリ。
とても風格のある建物で以下「  」内は神戸博物館のホームページからの引用です。
「この博物館の建物は、桜井小太郎の設計、1935(昭和10)年竣工の、旧横浜正金銀行(現 三菱東京UFJ銀行)神戸支店ビルを転用しています。正面にドリス様式の円柱が建ち並ぶ新古典様式の建物で、昭和初期の名建築と言われています。1998年には登録文化財に指定されました。」
   
Img_0200s
  
例によって展示会場は撮影禁止ですが会場外ではこういった場所があり中央のお立ち台で円盤投げのポーズをして記念写真を写せるとか。

Img_0201s
  
1階には常設展示部屋もあり、神戸をよりよく知るための地図や戦前から大震災前後の街の様子などの写真などがありました。ホームページによると他にも面白そうな展示があるようなのでまた行こうと思っています。

神戸の空撮写真。神戸は狭いので六甲山を削って海岸沿いを埋め立てて有効土地を拡張していることがよく分かります。手前にあるのは出土した土器類。

Img_0204s

戦前、大震災前、復興後の写真パネルがたくさん展示されています。
  
Img_0202s
  
  

|

« 神戸元町 南京町 | Main | 神戸元町 旧居留地跡 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 神戸元町 南京町 | Main | 神戸元町 旧居留地跡 »