« 梅雨明けかな・・・ | Main | 映画 「おおつごもり」 »

June 29, 2011

ストラヴィンスキー 「火の鳥」

P1020679sアンタル・ドラティの指揮、デトロイト交響楽団の演奏。1982年6月の録音。今日もLPシリーズです。ドラティのストラヴィンスキーは同じく「火の鳥」をロンドン交響楽団を振ったLPで知って以来大ファンになり3大バレエセットのLPを買ったのですが「ハルサイ」と「ペトルーシュカ」はCDも買ってこれらのデフォルトとしています。彼の3大バレエはアンセルメと同じようにバレエ曲だという解釈でインテンポでオーソドックスな演奏なんですが「火の鳥」はそれが徹底しているので曲のせいもあって前半は少し退屈ですが、後半への盛り上がりはさすがになかなか迫力があって楽しめます。ただ50代で録音したロンドン饗との演奏のほうが切れ味が良く、デトロイト饗はちょっとどすの利いた、といった響きですね(笑)。
LPのふわっとした音の出方に今更ながら驚いていますnote
  
本格的な暑さになってきましたsun。今年もかなり暑そうsad
 


|

« 梅雨明けかな・・・ | Main | 映画 「おおつごもり」 »

「管弦楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 梅雨明けかな・・・ | Main | 映画 「おおつごもり」 »