« ボッケリーニ 「序奏とファンダンゴ」 (ブリーム編) | Main | ショパン 24の前奏曲 op.28 »

June 16, 2011

ショスタコーヴィチ ピアノ協奏曲第1番

Argerich_concertosアルゲリッチのピアノ、セルゲイ・ナカリャコフのトランペット、アレクサンドル・ヴェデルニコフの指揮、スイス・イタリア語放送管弦楽団の演奏。2006年6月のライブ録音。普通は協奏曲でも指揮者から紹介するんですが、無意識にマルタ姐さんが先に来ちゃいましたcoldsweats01。彼女は最近では室内楽が多いそうですがこの協奏曲BOXセットではバルトークやショスタコーヴィチ、ファリアも聴けるのがうれしい。特にショスタコーヴィチは期待しただけのことがあってタッチにも昔のような軽さの上にドスの効いた打鍵の重さが感じられさらに凄みを感じます。トランペットも縦横に活躍する不思議なピアノ協奏曲ですが姐御のピアノに負けずに吹きまくるのがとても爽快。ライブ録音なのに見事なものです。ピアノに関しては2楽章のレントーラルゴが雰囲気たっぷりに聴かせました。このライブを聴いた観客は大満足でしょうnote
  

旧外国人居留地にあるプラダのオフィス。 

Img_0207s


 

|

« ボッケリーニ 「序奏とファンダンゴ」 (ブリーム編) | Main | ショパン 24の前奏曲 op.28 »

「協奏曲」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ボッケリーニ 「序奏とファンダンゴ」 (ブリーム編) | Main | ショパン 24の前奏曲 op.28 »