« ハイドン 交響曲45番 「告別」 | Main | ボロディン 「イーゴリ公」序曲 »

May 12, 2011

萩市内

角島から戻って萩市内でお昼を食べて史跡を散策しました。お昼はうどん(温または冷)がメインで食べ放題の炊き込みご飯が付き、各種トッピングが自由という食堂で頂きましたnoodle。京風の薄味が美味しくてこれで一人前600円は安杉happy01。ここは市役所の近くでこの後の写真で紹介する明倫小学校の斜め向いなのですぐに分かります。超おすすめ。とにかく萩は食べ物も安くて美味しいのがうれしいheart04
  
教育熱心な毛利藩が創立した明倫館が小学校になっています。勝手に入り込む観光客が多いと見えて「立ち入り禁止」の立て札があったので入り口からパチリ。さすがに風格の有る校舎で児童たちも誇らしいでしょうね。毎朝松陰先生の言葉を唱和するそうです。そう、萩では決して「吉田松陰」と呼び捨てにしてはいけません。これはどこでも同じで鹿児島では「西郷先生」ですが、郷土の偉人を敬うのは当然ですね。
  
P1010022s


白壁が続く菊屋横丁にある高杉晋作の生家。
  
P1010029s
  

このアングルが一番かも。白壁の中には萩特産の夏みかんの実がなっています。
 
P1010034s
  
私の母方は萩出身なので何となく懐かしさを覚えます。人情が穏やかで食べ物が美味しく静かな町なので終の棲家の選択肢には十分入りますね。

|

« ハイドン 交響曲45番 「告別」 | Main | ボロディン 「イーゴリ公」序曲 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ハイドン 交響曲45番 「告別」 | Main | ボロディン 「イーゴリ公」序曲 »