« シューベルト 交響曲第2番 | Main | 「みすヾ潮彩号」で仙崎、萩へ »

May 04, 2011

まずは「さくら」で九州へ

4日間の旅行を終えて昨日家に帰って来ました。今回は萩の奥さんの実家に行くのが目的でしたが、ちょいと遠回りして旅行気分を味わってきました。

まずはスーパー新幹線「さくら」で小倉へ。長いノーズは誰でも写すので「KYUSHU」と書かれた美しい肩口のフォルムを激写。表面の仕上げも「レールスター」や「のぞみ」より滑らかな気がします。走り出しても時速300kmも出した感覚がありませんが新大阪を出て2時間と10分くらいで関門トンネルに入ったときは感動しましたね。
  
P10008681s
 
 
小倉から鹿児島本線で3つ目の駅が終点門司港。九州のJRはヘッドやドアの部分が赤色でなかなかおしゃれ。
  
P1000875s
  

左下の「0」の文字は鹿児島本線の起点である証明です。
  

P10008791s
  

昔は港との輸送用に使われた観光トロッコ列車に乗りました。町自体が確かにレトロでいい雰囲気なんですが切符販売の若い人たちも親切でこの町の人情のよさを実感できました。ほとんど化粧気のない娘さんが感じよかったなぁnote
  

P1000894s
  

町のライトアップを写そうと日が暮れるまで31階の展望台で待っていたんですが、あいにくの雨模様で中途半端な写真で降りてきました。中央奥の方に「巌流島」があるそうな。
  

P1000912s
  
木造の門司港駅は本当に昔のままです。雨なので待ちきれずにライトアップの前に写しました。こういうときLX3のF2のレンズがありがたいcamera
  

P10009181s
 
今日はここまで。また明日happy01

|

« シューベルト 交響曲第2番 | Main | 「みすヾ潮彩号」で仙崎、萩へ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« シューベルト 交響曲第2番 | Main | 「みすヾ潮彩号」で仙崎、萩へ »