« マーラー 交響曲第4番 | Main | マーラー 交響曲第7番 »

May 19, 2011

マーラー 交響曲第6番「悲劇的」

Mahler_unvアバドの指揮、ベルリン・フィルの演奏。2004年6月のライブ録音。昨年の暮れについ買ってしまったマーラー全集の中でも最新録音なので期待していた通り十分な聴き応えがありました。最近のマーラー研究に従って2楽章と3楽章を入れ替えていますが、メインは1楽章と4楽章だと思っているのでそれほど違和感は感じません。また2番目に持ってきたアンダンテの楽章の美しさは心の奥に染みとおるようです。ときどき上手すぎるベルリン・フィルに文句を言ったりする私ですが、これだけ美しい合奏を聴かされるとグウの音も出ません。お見事です。演奏は幾分客観的な演奏で、バーンスタインなどとは正反対ですが重い表題の曲ながらそれを無視したような古典的なアプローチには大賛成。そろそろ手垢が付きかけたマーラーをこういう風に爽やかに演奏するのもいいですねheart01。そしてライブでこれだけ見事な演奏が出来るベルリン・フィルに改めて感動note
  

 
いまだにGWの旅行の余韻が残っていますbullettrain。新大阪駅に「さくら」が進入してくるところ。でもこの駅は狭くしベンチも少なく嫌いです。
 
P1000864s


|

« マーラー 交響曲第4番 | Main | マーラー 交響曲第7番 »

「交響曲」カテゴリの記事

Comments

これはちょっとした手違いで買ったセットで5,9,10がダブったのですが歌曲集が入っているので良かったと思っています。
アバドとシカゴの6番はiTunesで買っていましたがこのベリリンライブはさらにすばらしいですね。
しかし昔はカラヤンの9番だけで7000円もしたのが驚きです。

Posted by: よし | May 21, 2011 at 09:30 AM

こんにちは。
このBOXは買いました。少々ダブりがありましたが、それ以上に価格が魅力でした。とうとうDGも激安盤を出したなぁという印象です。
BPOとのライヴ盤でのアバド、鬼気迫るものがあります。アバドの精妙さに凄絶さが加わったような、身に迫る演奏でした。
よしさんのマーラー・シリーズですね。楽しみです(^O^)v

Posted by: mozart1889 | May 21, 2011 at 08:05 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« マーラー 交響曲第4番 | Main | マーラー 交響曲第7番 »