« ボロディン 「イーゴリ公」序曲 | Main | ムソルグスキー 「ボリス・ゴドゥノフ」 »

May 14, 2011

映画 「仇討」

NHK-BSの録画を何となく見出したら面白くて結局最後まで見てしまった。昭和39年の黒白映画。主演は中村錦之助。共演者には田村高廣、神山繁、丹波哲郎などのベテラン陣が。粗筋は、些細な口論が元で上級武士から果し状を受けたため相手を切り、その恨みで殺しに来た腕のたつ弟まで殺した下級武士が藩命でまだ若い三男に仇を討たれることになり、家のためだという兄の説得を聞き入れ悩みぬいた末、殺されるために仇討場所に赴きます。刃を落して切れなくした刀を抜くと相手方が予め用意した6人もの助太刀が切りかかってきます。あまりの卑劣な罠に怒り狂った彼は何人かを切り、高みの見物をしていた家老に切りかかろうとして兄に止められ結局惨殺されます。日が暮れて遺骸を引き取りに来た役人が見たのは弟の亡骸の前で切腹し果てた兄の姿でした。
藩と上級武士の体面をつくろうために虫けらのように扱われる下級武士の悲哀を見事に描いていますが、現代でも下層の者に責任を押し付ける風習は残っているような気もしますconfident
とにかく錦之助がすばらしい。後年の子連れ狼で見せる凄みが存分に出ています。最後の阿修羅のような形相と立ち回りの迫力は怖いくらい。丹波哲郎の相変わらずの存在感も見事。そして苦悩しながら弟を説得する田村高廣の演技に魅了されます。監督はなんと「青い山脈」の今井正。そして音楽は黛敏郎という豪華な布陣。
風呂に入るはずの奥さんも結局最後までお付き合いしたというこんなすばらしい映画は久しぶりnote。レンタルDVDがあればぜひ見てください。

  
庭のバラは満開ですがこれは1週間ほど前の状態。バラもいいけど鮮やかな緑の葉も好きheart02
  
P1020660s


|

« ボロディン 「イーゴリ公」序曲 | Main | ムソルグスキー 「ボリス・ゴドゥノフ」 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ボロディン 「イーゴリ公」序曲 | Main | ムソルグスキー 「ボリス・ゴドゥノフ」 »