« 大阪駅リニューアル | Main | ハイドン 交響曲45番 「告別」 »

May 10, 2011

ハイドン 交響曲第87番イ長調

Haydn_karajanカラヤン、ベルリン・フィルの演奏。1980年の録音。カラヤン・シンフォニー・エディションから。カラヤン晩年のデジタル録音の中でもこのハイドン辺りは後年のように硬直化せず、とても優美でしなやかな彼の特質が出た好演です。特に2楽章のアダージョや3楽章のメヌエットでの弦や木管の美しさは特筆ものnote。ニックネームが無いので無視されがちですが円熟期に入ったハイドンの名曲です。
  

奥さんの実家は田植えの準備に忙しく、義弟が耕運機を入れたあとをじいさま(義父)がならしてしています。平地ではなく山あいの狭い田がたくさんある場所なのですべて機械というわけには行きません。次の日に田植えをする予定だったんですがまだ田が柔らかいのでしばらく延期したとか。農業は本当に大変です。お米に限らず農作物は大切に頂きましょう。

ちなみに夕方になると結構寒くなり、泊まった長男によると起きたら吐く息が白かったとか。

  
P1000984s


|

« 大阪駅リニューアル | Main | ハイドン 交響曲45番 「告別」 »

「交響曲」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 大阪駅リニューアル | Main | ハイドン 交響曲45番 「告別」 »